健康な住まい造りとは

住宅の安全性とは、単に災害に強いと言うことだけではなく、目に見えない要因からいかに生命の安全を守ることが出来るかが、大きな役割であると考えます。

 

たとえば、新築間もない戸建て住宅やマンションで、頭痛やめまいに悩まされ、生活もままならないなんて話を耳にすることがあると思います。気の毒に思われますよね。しかし、その様な「気の毒な方」がもしあなたのお家に遊びに来たとしたら、ひょっとして同じ症状が現れるかもしれないのです。

 現在普通に流通している住宅建材や家具のほとんどには、シックハウスの症状を引き起こす揮発性有機化合物が含まれています。製品としての品質向上のために使われていますが、人体に悪影響を及ぼす物質がほとんどです。そのために安全基準が定められていますが、室温28℃以下を想定したものであり、温暖化が進んでいる今、実状に合う基準ではありません。せっかく建てたマイホームに住めなくなる日が来るかもしれません。そう考えると、少なくとも内装材には、疑わしいと思われる物を極力使わないという姿勢が、ご家族の健康維持に繋がります。


健康な住まい造りとは、自然素材を使えばよいと思われ、実際に自然素材を提唱する会社は少なくありませんし、それを望む方も多くいらっしゃるはずです。ですから「自然素材の家」とか「無垢材を使った家」など分かりやすいキーワードが氾濫します。ところで「自然素材」や「無垢」と言う言葉に安心していませんか?

 

現実には、建材として自然素材だけで成り立っている物は、ほとんど無いと言っても過言ではありません。多くの物が、その様なイメージが先行した偽物です。

 

偽物が悪いと言う訳ではなく、薦める側、求める側の意識が問題かと思います。

多くの場合両者間で「偽物」との認識はないはずです。

 

あるはずも無い、効果・効能を期待し、とりあえず快適な生活を送ることが出来ればまだしも、各所において当初の話とは違う不具合が発生するはずです。最悪の場合、冒頭で触れたような結果を招くことともなりかねません。 

 

私たちは、健康な住まい造りのために使用する内装材(木材)として次に掲げる三つの条件を提唱し、実行しています。

 

          一、実生の木であること!

          一、自然乾燥された材であること!

          一、柾目の材であること!

 

実生とは、こぼれ種から育つことを指し、それは、自然界の厳しい環境を生き抜いた生命力の強い木であることの証しです。

 

 

自然乾燥は、文字通り自然の風にさらされ、ゆっくりと水分が抜けていく乾燥の方法です。木が蓄えているたくさんの成分を温存することができます。

 

 

柾目とは、木の年輪に対して直角に切った時に現れる平行線の木目を言います。柾目材は木材としてとても精度が高く湿ったり乾燥したりといった状況下で最も変形が少ない材料です。

余談ですが、「桶(おけ)」と「樽(たる)」の違いをご存じでしょうか?調湿を目的としているのが「桶」です。「寿司桶」とか「お櫃(ひつ)」がそうです。「風呂桶」ももちろんそうです。乾きやすさを求めてのことです。これらは全て柾目材で作られています。一方「樽」は、水分を透さないことが目的とされ、板目材と言われる、木の年輪に対して平行に切ってできる材で作られます。通常「木目」と言われる模様が特徴的で「酒樽」とか「醤油樽」などが代表的です・・・と言うのが一般的な説明なのですが補足があります。濡れたり乾いたりを繰り返す用途に使用するのが「桶」常に内容物に満たされているのが「樽」です。柾目材は前記のように濡れても乾いても材としての変形が少ない特徴があります。変形の大きい板目材で「桶」を作ると乾燥した時隙間だらけとなり壊れてしまいます。しかし柾目材は割れやすいと言う弱さがあります。「樽」は内容物を満たしたまま移動することも多く強さがもとめられます。内容物があるため乾燥することはなく変形も最小限に留められるので精度の高い柾目材を使わなくても内容物が漏れることもありません。ただし辺材のみを使うと内容物が浸み出るようです。住まいの内装材として木材を使うのであれば、変形の少ない柾目材の使用が好ましいことがわかります(針葉樹の場合で「オーク樽」は柾目材です)。

 

ところで先に触れたように、板として目にするのは、圧倒的に板目材です。柾目材を目にすることは非常に少ないです。なぜなら一本の丸太から挽ける板の量が全く違います。また、大径木でないと挽くことが出来ません。単純に板幅以上の丸太が必要となります。そのことから昔から柾目材は高級品として珍重されて来ました。

 

健康な住まい造りには「三つの条件」が必要ですが中でも、絶対欠かせない条件が「柾目材」の採用です。当然使用する量が重要なのですが、湿度は、万病に関わります。人間の身体は元来病気に太刀打ちできる治癒能力を備えています。湿度をコントロールできれば、健康な生活を送ることが出来るという訳です。 

 

 

 樹木には、素晴らしい化学物質が多く含まれています。特に針葉樹の房葉に多いことがしられています。クリスマスツリー(樅)を室内に飾る理由はここにあると言われています。

  

房葉だけではなく、もちろん樹にもふくまれています。樹に含まれる成分は、耐久性を高める目的の物が多く、抗菌、抗酸化に有効な成分となります。

 

 

 

他にも有害な揮発性有機化合物と結合し、分解してしまう特性を持った成分や、人間の脳に直接働きかける成分も確認されています。

 

これらの成分の多くは、熱に弱く、40℃以上の高温に曝されてしまうと、そのほとんどが失われてしまうと言われています。人工乾燥がそれに当たります。人工乾燥された木材は、言うならば「木のぬけがら」と言ったところでしょうか。

 

木材の持つ効果効能に嘘偽りはないのですが乾燥の仕方次第で大きく違いが生じます。

 

 

日本には「檜神話」があります。法隆寺が千四百年前の木造建築物であることが広く知られています。「檜だから千四百年も持っている」と言われていますが、「実生」と言う言葉が抜けています。また、使用された木材の樹齢も、数百年生であったろうことがうかがい知れます。

 

樹木には、樹種によって寿命があります。一般的には、檜は、五百年、樅も、五百年、杉は、千年とか言われていますが、それぞれ「実生」の木であった場合の話です。それだけ生きれば「不思議な力」が宿ってもおかしくないと思いませんか?

 

今の日本に、その様な木は、ほとんどありません。伐採できる木としては、樹齢百年程度の物が限界でしょう・・・それもかなり高額な商品となってしまいます。カナダ産の「栂」や「樅」が樹齢三百年以上の実生の木と言われていますが、そのほとんどが人工乾燥されてしまいます。

 

 

ドイツのシュバルツバルトという森林地帯では「唐檜」や「樅」が自然更新を繰り返し「持続可能な森林」として世界最大の国際認証(PEFC)を受けています。ここでは、推定樹齢百五十年を超えた大径木を計画的に伐採することで自然倒木などによる森林の崩壊を防いでいます。そうすることで植林に頼ることなく、無数に蒔かれたこぼれ種が一斉に発芽して、生命力の強い木が生き延びて行きます。これが「天然更新」です。

 

 

伐採された樹木は「樅」に限って、樹皮の着いたまま、日本の宮崎県へ運ばれます。ここには、日本でも珍しい「樅」専門の製材所があります。霧島連山の麓の素晴らしい環境の中、全ての丸太が熟練した職人の手で柾目の板に挽かれていきます。その一枚一枚が手作業によって干されて行く様は、まさに圧巻の一言。感動すら覚えます。 

こうした手の込んだ工程を経て出来上がる樅の柾目材が、絶対量こそ限られますが実際に存在しています。ですから先に掲げた三つの条件を満たす木材として「樅」をお勧めすることが出来るのです。他にも理由があります。「樅」は欧州で古くから「森のお医者さん」との異名を持っているそうです。また「檜」や「杉」の様な、特有の匂いが弱く、匂いに対するアレルギー反応が出にくいとの見方がされています。我が国で古くから「かまぼこ板」として使用されている理由はここにあります。

 

 

長年、木造住宅の建築に携わって来ましたが、これほど安心して使用できる木材があったでしょうか?住宅が抱える多くの問題に対して「樅」を使うことで解決できるかもしれないことが数多く考えられます。内装材としての使用量が重要であるということに触れましたが、その目安量は、床面積の200%以上と定めています。床は、原則「樅」。それ以外の内装材については、できれば海藻のりを使った「本漆喰」。叶わなければ極力疑わしい素材を使わないと言う考えの基、採用を検討して行きます。

 

 

「うち(自分)は、大丈夫!」と言う言葉をよく耳にします。その様な考え方で本当に家族の健康を守れ(維持でき)ますか?家造りに関して、今の自分を基準にするのは、間違いと断言します。家造りで健康被害を被っている方々がいる以上「なぜなのか?」を探求するべきではないでしょうか・・・安易な考えでの家造りは、目に見えない危険がいっぱいです。営業トークの鵜呑み、良い方向への解釈・・・などはしないでください。取り返しがつかなくなります。

 

 

最後に、最近「欠陥住宅」という言葉をあまり耳にすることが無くなったと感じられませんか?法の改正や建築業者間での過剰とも思われる、躯体性能強化競争の結果、表面的に品質の一定化が図られてきた結果と思われます。実際の現場を覗くと建物のコストの違いをまじまじと感じさせるずさんな管理が目にあまります。建築工期も短く、見る見る隠されて行くので、お客様の目に付くこともありません。特に床下は要注意!施工中に降られた雨が行き場を失い、木材をカビさせます。内装のほとんどが透湿性の無い素材で構成されて行きますので、反響音の大きな空間になります。上げると切がない話ですが、何年か後、この様な住宅のことを「欠陥住宅」と言う日が来るような気がしてなりません。

 

 

以上が、山下工務店が提唱し、実行している「健康な住まい造り」のかたちです。