木裏と木表


「針葉樹」と「広葉樹」ヘ
針葉樹と広葉樹
木目ヘ
木目
辺材と心材ヘ
辺材と心材
調湿作用ヘ
調湿作用

木裏と木表へ
木裏と木表
木は水を通すか?へ
木は水を通すか?


木材にも人と同じように「裏表」があります。人の場合「裏表のない人」なんてこともありますが「木」には必ず裏と表が存在します。

「紀州スギ」の木表 艶やかな綺麗な木目が表れます。
「紀州スギ」の木表 艶やかな綺麗な木目が表れます。
同じ板の木裏 やや艶が落ち、木目もぼやけた感じ。
同じ板の木裏 やや艶が落ち、木目もぼやけた感じ。


 

樹木は、根元から天に、中心から外へ成長します。そんな構造の樹木を木材にすると、部位によって異なった性格を表します。

 

そのため部位ごとに名称が与えられ、目的に応じた利用がなされます。木裏、木表もその名称の一つです。

 

木材となった時、中心側が木裏で、樹皮側が木表です。

 

この見極めは、木材を使用する上で基本中の基本で大きな違いがあります。

 

まず、木材は乾燥する際、樹皮側の収縮率が高いので樹皮側が大きく縮みます。樹皮側に引っ張られることで、木表側に反りかえります。

“凹”状になると言うことです。当然反対側の木裏は“凸”状になります。

 

木肌に関しては、樹木の成長は、木表側に被さるように大きくなります。依って木表側では、素直な木目となり、木裏側では、木目が引っ掛かりやすくなります。

 

敷居などの表面に木裏を使ってしまうと、ささくれて足に刺さったりしてしまい危険です。この場合いくら削っても治りません。素足で歩く縁台やウッドデッキなどでも注意が必要です。

 

この様に、住宅を造る上で木材の使い方のルールがいくつも存在します。近年本物の木材を使った建物が激減しているため上記の様な不具合も減っています。しかし今後、内装材の木材使用率が高まる動向にあるため、木材の使用に不慣れな業者や職人の知識不足が再び問題を引き起こすのではと懸念されます。嘘みたいな本当の話です。

 

以前「ウッドデッキに腐りにくいと言われた木を使ったのに腐ってきたので見て欲しい」と言われ見てみると、巾の広い板を木表を上にして施工していました。先に触れたように基本は「人が肌で触れる部分に木裏は出さない」が鉄則なので問題無いように思われますが、この場合、巾の広い板を使いたいのであれば木裏を上にするべきでした。どうしても木表を上に使いたいのであれば、板巾を狭くするなどの配慮をするべきでした。雨が当たる場所では、木表を上に使うと凹部に水が溜まりやすく、板の中心部から腐り易くなってしまいます。

 

余談ですが、木材の部位を指す名称でもう一つ「ウラ」が存在します。「末」と書いて「ウラ」と読みます。一般的には、そのまま「スエ」と読まれることが多いのですが、「木モト竹ウラ」と言う言葉があり「木元竹末」と書きます。「モト」は地面側、「ウラ」は天側を指します。この言葉の意味は「薪割りは、元から割りなさい、竹を裂くには、末から裂きなさい。」とのこと。